メインイメージ

ストーリー

パンフレット制作ではストーリーから形状などを選択

パンフレットの持つ本来の役割というと、訴えたい内容をいかにターゲットとするお客様や目的に合わせてより深く掘り下げていき、そのターゲットとするお客様が収穫となるアクションを起こすきっかけを作るという、とても重要なツールです。企業などでは、会社案内だけでは全てを伝えきれない場合などに、パンフレット制作を行うことでより詳細な内容を伝えることが可能です。

ただし、パンフレット制作を行う場合には、ターゲットユーザーに対して印象に残るようなものを制作しなければ、単なる会社案内と同様のものとなってしまいがちです。これでは、パンフレット制作を行う意味がありません。では、制作を行う際にはどのようなところに焦点を当てると良いのでしょうか。

あるパンフレット制作を専門に行っている企業によると、作成する際にはいくつかのポイントがあるとしており、最も大切にしなければならないことは「ターゲットとするお客様の目線に立った内容にすること」だとしています。依頼者側が訴えたい内容と、ターゲットとするお客様の求める内容が合致しなければ、いくら大きな目標を立てたとしても決してそれを達成するはできません。

パンフレット制作を行う上で、訴求する内容をより高めてターゲットに印象付ける方法として最も有効なのが、ストーリー展開を意識したパンフレットの形状やサイズ選びです。例えば、一般的なスタイルである「中綴じ形状」は、最もオーソドックスなスタイルでA4サイズが主流となっています。ページ数は4の倍数で構成できるため、多種類の製品を紹介する場合には適しています。しかし、インパクトを与えるうえでは難しいため、デザインなどを工夫する必要があります。その他には、活用次第でその印象付けは無限大でもある「観音開き形状」も、パンフレット制作には有効です。特に一つの目的に対して訴求する際に適しており、最初の見開き部分にターゲットに対して訴えかけるようなキャッチコピーを配置することで、閲覧者に興味を持たせることが可能となります。また、柔軟で高い機能性を持ちながら低予算での作成が可能な「ポケットフォルダ形状」もあり、展示会など多くの見込み客が訪れる場所での配布に有効です。その他にも、紹介する自社製品の形に合わせたオリジナル形状のパンフレットも、第一印象を強くする効果もあり有効です。

このように、パンフレット制作を行う際には、目的・ターゲットをきちんと明確にしたうえで制作することが重要で、依頼する場合にも初めの打ち合わせを、メールではなく面談方式で行い取材をする制作会社を選択することをおすすめします。ここで紹介した制作会社は、詳細な面談を行い各工程のクリエーターと連携しながら、会社の分身との言えるパンフレットを、依頼者側の立場に立って制作してくれます。このような企業に依頼することで、求めていたもの以上のパンフレットができるでしょう。

Copyright© 2016 パンフレット制作はデザインがキーポイントになります All Rights Reserved.