メインイメージ

単価を考える

パンフレット制作の単価を考える

パンフレット制作は様々な場面で必要になります。何らかのイベントを告知する場合、又は企業などが商品やサービスを紹介する場合等様々な目的によって作られるという特徴を持っています。もしも個人的なものであったり内輪向けのものであればそれほど品質にこだわる必要はないかもしれません。近年普及している家庭用のプリンターでもそれなりのクオリティの物を作ることが出来ますし、一般企業向けに導入されているカラーレーザープリンターや複合機などの性能も飛躍的に向上していますので数多くのニーズに応えることが出来るでしょう。パンフレット制作を行う上で、性能という問題においては必要最低限のレベルには至っているというのが一般的な見解であると言えます。

しかしながらパンフレット制作における単価の問題を考えた場合、慎重に検討する必要があるでしょう。もしもパンフレット制作を行う必要がある枚数が数十枚程度であれば家庭用のプリンターや一般企業向けのプリンターでのパンフレット制作もそれほど問題にはならないと言えます。しかしパンフレット制作がかなり大規模に行われる場合、数百枚を超えて数千枚の単位になる場合には一般的なプリンターの使用は印刷単価の観点から適切ではなくなる可能性が高いと言えます。一般家庭用のプリンターは特にそうですが、現在の印刷機器は本体を安く購入してもらい、消耗品であるインクやトナーで利益を出していくというビジネスモデルです。そのため大量に作る場合には割高になるのを避けることは難しいでしょう。

そのためパンフレット制作を大量に行う必要がある場合には印刷業者を頼った方が様々な点でお得であると言えます。印刷業者は大量の印刷を得意としているケースが多く、大量に作れば作るほど安く済ませることが出来るのです。その様な仕組みを備えているため、最も安い単価でパンフレット制作を行うことが出来るでしょう。そのため小ロットでこまめに変更をしていきたいのであれば家庭用や一般企業用のプリンターを使用するのも一つの手段であると言えるでしょう。しかし大量発注を行うのであれば印刷業者に委託してパンフレット制作を行った方が安い単価で作ることが出来るため非常にメリットがあると言えるのです。その差は非常に大きなものになるのが一般的であり、一般向けのプリンターではコスト面でも品質の面でも勝つことは難しいと言えるでしょう。大量発注の場合にはその様な問題が発生します。

Copyright© 2016 パンフレット制作はデザインがキーポイントになります All Rights Reserved.